賞味期限切れの万田酵素について

お客様からいただく質問に「賞味期限切れの万田酵素を食べても問題ないか」というものがございます。
賞味期限が切れた万田酵素は、味や風味が損なわれている可能性があり、お召し上がることを推奨しておりません。
また当公式のサイト・モール以外に掲載されている商品は、賞味期限が切れたものが売買されている場合があります。ご購入の際は十分にご注意ください。
ここでは万田酵素の原材料や商品の製造方法などから、賞味期限について詳しくお知らせします。

万田酵素の賞味期限とは

万田酵素の賞味期限は、未開封の状態で製造時と味や香りが変わらない期限として表示しています。
ペースト・粒の分包タイプは製造から2年、瓶タイプの商品は3年と設定しています。
賞味期限を過ぎての長期保存は、味や香りが変化してしまいます。
そのため賞味期限内にお召し上がりください。 また、開封後は賞味期限にかかわらず、お早めにお召し上がりください。

賞味期限の確認方法

商品の袋や箱などのパッケージ裏面、個包装のパッケージ裏面、瓶ラベルに賞味期限を印字しております。
西暦で8桁の年月日で記載しておりますので、ご確認ください。
別途、品質管理番号欄も設けており、どの樽でいつ作られたのかなどの製造情報を詳細に調べることができます。

賞味期限が長い理由

万田酵素は、53種類以上の植物性原材料を3年3ヵ月以上長期発酵・熟成し、丁寧に作っています。
発酵食品特有の保存性が高いという特長を持っており、食品でありながら2年~3年という長い賞味期限が設定されています。

万田酵素の原材料

万田酵素は、「果穀藻菜」53種類以上の植物性原材料でできています。
基本のマルベリー(MULBERRY)・ジンジャー(GINGER)・スタンダード(STANDARD)の共通の原材料は53種類。
果実が中心であり、動物性のたんぱく質は含まれていません。


「果穀藻菜」53種類の原材料

原材料は、国産のものを中心に、様々な気候風土で育まれるものを選びぬいています。 

自然のチカラで発酵させているからこそ必要なもの

万田酵素は発酵・熟成過程において、水を加えず、熱処理もせず、添加物も加えていません。微生物のチカラで、樽の中でじっくりと原材料を常温発酵させます。

自然の恵みで作り出す発酵補助食品だからこそ、製造時と味や香りが変わらないと保証できる期限があり、それを賞味期限として設けています。

万田発酵は、賞味期限までに召し上がっていただけるよう配慮して商品をお届けしております。
ご購入の際は、当公式のサイト、楽天・Amazon・PayPayモール等の公式店舗をご利用ください。

※発酵・熟成の過程では、無加水・非加熱。保存料・防腐剤不使用。

関連記事

<font color=万田酵素はいつ飲むのが効果的?【お客さまからよくある質問】_関連記事画像"/>

万田酵素はいつ飲むのが効果的?【お客さまからよくある質問】

万田酵素はいつでもご自身のタイミングでお召し上がりいただけます。万田発酵のおすすめは、1日が始まる朝!このページではおすすめの時間やタイミングについて解説します。

万田酵素の栄養成分_関連記事画像

万田酵素の栄養成分

自然の恵みから生まれた万田酵素。その気になる栄養成分について、53種類以上の植物性原材料や製法などとあわせてご紹介します。

<font color=万田酵素シリーズ・その他関連商品の口コミ(レビュー)一覧_関連記事画像"/>

万田酵素シリーズ・その他関連商品の口コミ(レビュー)一覧

万田酵素シリーズをはじめ、万田発酵の商品の口コミ(レビュー)を一覧です。商品購入の参考にしてください。商品は、食品・食材だけでなく、園芸・菜園に使用する植物用万田酵素、ペット用万田酵素まで多岐に渡ります。

万田酵素とは_関連記事画像

万田酵素とは

万田酵素は、53種類以上の植物性原材料を3年3ヵ月以上長期発酵・熟成した植物発酵食品です。万田酵素はこの発酵のチカラで原材料の栄養素を吸収しやすい状態に変化させています。また、善玉菌が人に良い成分を生み出すチカラをサポートします。

発酵補助食品とは_関連記事画像

発酵補助食品とは

万田酵素は生命力をサポートする発酵補助食品です。