万田酵素はいつ飲むのが効果的?【お客さまからよくある質問】

万田酵素はいつ飲むのが効果的?【お客さまからよくある質問】

お客さまから寄せられる質問の中に「万田酵素はいつ飲むのが効果的なのですか?」というものがあります。

万田酵素は、いつでもご自身のタイミングでお召し上がりいただけます。
万田発酵がおすすめする時間は、1日が始まる朝です。

このページでは、万田酵素をお客様の健やかな毎日に役立ててもらうため、おすすめの召し上がる時間やタイミングについて詳しく解説します。

おすすめの時間

万田酵素は、食前・食後・食間、朝・昼・晩いつでもご自身のタイミングで召し上がっていただくことができます。

万田酵素は、53種類以上の植物性原材料を3年3ヵ月以上長期発酵・熟成した、植物発酵食品です。
手軽な栄養補給、健康習慣として好きなタイミングでお召し上がりください。最も大切なことは、継続して召し上がっていただくことです。

朝・昼・夜、リフレッシュタイム(おやつ時)など、召し上がる時間を決めると習慣化しやすくなります。
ここでは、習慣化しやすい、おすすめの時間を紹介します。

おすすめは朝!

最もおすすめの時間は朝。1日のスタートに万田酵素を取り入れることで、忘れにくく継続しやすくなります。
万田酵素を朝食とセットにして、簡単になりがちな朝ごはんの栄養素を補っているというお客さまのお声も。

太ることやカロリーが気になる方も、朝であれば摂取したカロリーを1日の中で消費することができます。

胃腸が敏感な方には、食後、体内に食べ物が入っているタイミングをおすすめしています。

お昼ご飯の前後もおすすめです。お昼ご飯の前に少し空腹を感じた時、お昼ご飯の後に甘いものが食べたい時などにお召しあがりください。
お仕事や外出時のリフレッシュに取り入れているというお客さまも。

万田酵素のシリーズの商品には、持ち運びが簡単な個包装タイプがあります。便利にご活用ください。

お仕事をされている方や、疲れたなと感じる時は、夜ご飯の前後に召し上がってください。
食事の前に空腹を感じた時、夜ご飯の後、デザートが食べたい時に取り入れているというお客さまも。

夜になると運動量が減るため、代謝が落ちると思われがちです。
しかし、夜は、体が回復するためのエネルギーが必要です。万田酵素をエネルギー補給の一助としてください。

リフレッシュタイム(おやつ時)

おやつとして召し上がることもおすすめしています。
間食を控えていても、どうしても甘いものが欲しい、そんな時には万田酵素を。ゆっくり落ち着いて食べられるのでと、この時間に召し上がるお客さまも。

1包あたり約6kcal※1で、しっかり甘味を感じることができます。
健康的な間食習慣として万田酵素を取り入れてみてください。

※1万田酵素 MULBERRYペースト(分包)タイプ

おすすめのタイミング

時間ではなく、生活シーンの中に取り入れることで習慣化していく方法です。

不規則な生活で決まった時間に食べることが難しい、忘れてしまうことが多くて習慣化しづらい、そんな方にはおすすめのタイミングをご紹介します。

目に入ったタイミング

目に入ったタイミング
万田酵素を食卓や冷蔵庫など日常使うところに置いておき、目についたタイミングで召し上がる方法。
家族みんなが手に取りやすいようにと、冷蔵庫のドア前にホルダーを張り付けて収納しているというお客様も。
ご自身が必ず目にする場所、手に取りやすい場所に万田酵素を置いてみてください。

自身のペースにあったタイミング

自身のペースにあったタイミング
1ヵ月間に、1袋もしくは1箱という1ヵ月分を召し上がる方法です。
調子がいいなと思う時は1包、ちょっと調子が悪いなと思った時は、2包~3包にして、マイペースに続けていますというお客さまも。
1日1包、毎日必ず続けなければならないということではありませんので、ご自身のペースで続けてください。

食事のタイミング

食事のタイミング
万田酵素をレシピに使用し、食生活に取り入れる方法です。健やかな毎日に必要不可欠な食事に万田酵素を使用してみてください。
そのままだと食べてくれないから、と万田酵素を料理に使用して家族に食べてもらうというお客さまも。
万田発酵では、食事に万田酵素を取り入れてもらおうと、万田酵素シリーズやその他の商品を使用したレシピを公開しています。
混ぜる・かけるだけのレシピから、本格的なレシピまでご用意しています。ぜひご活用ください。レシピは、「万田酵素 レシピ」で検索ください。

いつ飲んでもいいのはなぜ?

万田酵素は、植物性発酵食品だからです。あくまでも食品であるため、ご自身の自由なタイミングで召し上がっていただけます。

また、万田酵素は体内で善玉菌が人に良い成分を生み出すチカラをサポートします。
53種類以上の植物性原材料を水や熱を加えずに自然のチカラで発酵させ、保存料・防腐剤を使用しないという、丁寧な製法で作りあげています。※2

人は、食事によって、食べ物を分解し、消化・吸収することで栄養素を取り入れています。万田酵素はその栄養素を取り入れる一助となります。
ここでは、気になる万田酵素の成分と原材料について詳しくご紹介します。

※2発酵・熟成の過程では、無加水・非加熱。

万田酵素の成分

万田酵素の成分

万田酵素 MULBERRYペースト(分包)タイプ

【栄養成分表示 100g当たり(1包、2.5 g当たり)】 


熱量242kcal(6.1kcal) / たんぱく質2.5g(62.5mg) / 脂質0g(0g) / 炭水化物56.0g〔糖質53.2g、食物繊維2.8g〕(炭水化物1.4g〔糖質1.3g、食物繊維70mg〕) / 食塩相当量50~200mg(1.3mg~5mg) / ビタミンB6 0.1 ~0.4mg(2.5~10ug)

果穀藻菜の原材料

万田酵素の植物性原材料は「果穀藻菜」53種類以上を使用しています。

習慣化しやすいタイミングを見つけましょう

健やかな毎日のために最も大切なことは、いつ召し上がるかではなく、万田酵素を継続して召し上がっていただくことです。

万田酵素は、ペースト・粒、ドリンクタイプなど、さまざまな形状をご用意しています。取り入れやすい形状を選んで、習慣化しやすいタイミングを見つけてください。

ご自身のペースを大切にしながら、健康習慣の1つとして万田酵素をお役立てください。

関連記事

万田酵素とは_関連記事画像

万田酵素とは

万田酵素は、53種類以上の植物性原材料を3年3ヵ月以上長期発酵・熟成した植物発酵食品です。万田酵素はこの発酵のチカラで原材料の栄養素を吸収しやすい状態に変化させています。また、善玉菌が人に良い成分を生み出すチカラをサポートします。

万田酵素のペースト・粒・ドリンクタイプの違いとは?_関連記事画像

万田酵素のペースト・粒・ドリンクタイプの違いとは?

万田酵素の基本の3つの形状タイプ、ペースト(分包・チューブ・瓶)と粒、ドリンクタイプの違いをご紹介。その大きな違いは、形状と召し上がる方法。それぞれの特徴をご案内します。ご自身のライフスタイルに合わせて選んでください。

万田酵素の栄養成分_関連記事画像

万田酵素の栄養成分

自然の恵みから生まれた万田酵素。その気になる栄養成分について、53種類以上の植物性原材料や製法などとあわせてご紹介します。

<font color=万田酵素は太る?_関連記事画像"/>

万田酵素は太る?

万田酵素は、1包あたり約6kcal※1。対して、成人の1日の基礎代謝量と比べ、万田酵素の1包当たりのカロリーは決して高くありません。安心してお召し上がりください。このページでは、万田酵素の気になるカロリー、その製法と原材料について詳しく解説します。

発酵補助食品とは_関連記事画像

発酵補助食品とは

万田酵素は生命力をサポートする発酵補助食品です。

万田酵素のマルベリー・ジンジャー・スタンダード、ドリンクタイプの違いとは?_関連記事画像

万田酵素のマルベリー・ジンジャー・スタンダード、ドリンクタイプの違いとは?

万田酵素の基本となる3つの味、マルベリー(MULBERRY)・ジンジャー(GINGER)・スタンダード(STANDARD)とドリンクタイプの違いをご紹介。その大きな違いは、使用する材料と味。それぞれの特徴をご案内します。ご自身のライフスタイルに合わせて選んでください。

<font color=万田酵素シリーズ・その他関連商品の口コミ(レビュー)一覧_関連記事画像"/>

万田酵素シリーズ・その他関連商品の口コミ(レビュー)一覧

万田酵素シリーズをはじめ、万田発酵の商品の口コミ(レビュー)を一覧です。商品購入の参考にしてください。商品は、食品・食材だけでなく、園芸・菜園に使用する植物用万田酵素、ペット用万田酵素まで多岐に渡ります。

万田酵素ドリンクとは_関連記事画像

万田酵素ドリンクとは

全国のスーパーマーケットや一部コンビニエンスストアなどでも販売を開始し、販売本数が急上昇中の万田酵素ドリンクタイプについて、気になる効果や効能、飲み方などをご紹介。お手軽価格で万田酵素をご自身のライフスタイルに取り入れてもらえます。販売場所など通販以外の入手方法もご案内しますので、注目の商品をぜひ一度手に取ってみてください。