栄養

栄養失調の症状とは|新型栄養失調の症状も一緒に解説

現在、栄養失調という言葉が再び注目されています。簡単に食べる物が手に入る現代だからこその栄養失調や新型栄養失調が起きているからです。

このページでは、栄養失調の基本知識から原因・症状、気を付けたい食事内容まで詳しく解説します。

栄養失調・新型栄養失調とは

栄養失調の症状とは|新型栄養失調の症状も一緒に解説栄養失調とは、健康を維持するために必要な栄養素が不足している状態です。第二次世界大戦中や終戦直後の食糧不足によって、食事から十分な栄養を得ることができず、多くの日本人が栄養失調となりました。

現代では、高齢者が加齢や身体機能低下などの原因で食事から十分な栄養を摂取できずに、栄養失調になることが増えています。また、特定の栄養素のみが不足する、新型栄養失調も増加しています。

その多くは極端なダイエットやインスタント食品・コンビニ弁当などによる偏った食生活が原因です。中には、肥満気味であったり、エネルギーと一部の栄養は過多になっていたりする場合もあります。

どちらの栄養失調もたんぱく質・ビタミン・ミネラル分などが不足していることが多く、不足している栄養素が担う働きによって、さまざまな症状を引き起こします。

症状

体重の減少

栄養不足による体重の減少、見た目に変化が現れます。特に、身体をつくるたんぱく質が足りなくなると筋肉量の低下を招き、体重が減少します。

皮膚の症状

肌が乾燥する、皮膚が荒れる、炎症が治らないなどの症状が現れます。これは、皮膚をつくるたんぱく質不足が原因で起こるといわれています。

特に高齢者は、骨と皮膚の間にある筋肉や脂肪が薄いため、皮膚の炎症が悪化すると「褥瘡(じょくそう)」になりやすくなります。

床ずれのこと

免疫力・体力の低下

免疫機能が低下し、風邪や感染症にかかりやすくなります。筋肉や臓器だけでなく、免疫細胞をつくる材料であるたんぱく質不足が大きな原因です。

さらに、筋力の低下などが原因で活動量が低下すると、体力も低下し、疲れやすい身体になってしまいます。

貧血、めまい

貧血やめまいの症状が起きやすくなります。これは、赤血球の中のヘモグロビンの材料であるたんぱく質が不足していることが原因で起こります。同時に、鉄分不足を起こしていることも多く、その場合はめまいも引き起こすため注意が必要です。

骨折・骨粗しょう症

骨折しやすくなったり、骨粗しょう症を発症したりすることがあります。骨の原料となるカルシウムやマグネシウムが不足しすると、骨折の可能性が高まります。

また、同時に筋力が低下している場合は、運動量も減少している傾向があり、骨の新陳代謝が低下しています。その状態では、軽い転倒などの衝撃でも骨折してしまう、骨粗しょう症を発症してしまうことも。

気を付けたい初期症状の
チェック項目

栄養失調になってしまう前に、初期症状の段階でしっかりと自身の生活を見直しましょう。

ただし、深刻な疾患や病気が原因で栄養失調になることもあります。気になることがあった場合は、かかりつけ医に相談してください。

ポイント

その1:体重が減る・痩せる

その2:皮膚の炎症が治りにくい

その3:風邪や傷が治りにくい

その4:食欲がない

その5:元気がでない

大人の栄養失調

高齢者にリスクが高い栄養失調

高齢者にリスクが高い栄養失調

加齢が進むと、筋力や意欲の低下など、フレイルの進行が起こります。また、噛む力が衰える、味覚が低下するといった口腔機能の低下、下痢や便秘を繰り返すなどの消化吸収機能の低下も起こりはじめます。

こうしたことが原因で、以下のようなことが重なり、最終的には食べないことが増えてしまいがちです。

・気軽に買い物に行くことが億劫になり、生鮮食料品の摂取不足や食材に偏りが起きる。

・食べやすい、同じ料理を何度も作る。

・食事の準備が億劫になり、簡単なもので済ませる。

特に、一人暮らしの高齢者は栄養失調に陥りやすい傾向があります。引きこもりや貧困、配偶者やペットが亡くなることによる精神的なショックといった別の問題が潜んでいることも。

栄養失調になると加齢による機能低下に拍車をかけてしまい、悪循環に陥ってしまいます。いつもと調子が違うな、いつもと様子が違うねと言われた場合は、ご自身の生活を振り返ってみてください。

治療方法

規則正しく、
栄養バランスのとれた食生活を(1(2

規則正しく、栄養バランスのとれた食生活を規則正しく、栄養バランスのとれた食生活を送ることが大切です。一日3食、欠食のないようにしましょう。また、野菜ばかり、パンやごはんのみなど偏った食事は止めましょう。

主食や主菜、副菜にさまざまな食材を取り入れて栄養バランスを整えましょう。特に、ダイエット志向や食べにくさから肉や魚を敬遠して、たんぱく質不足であったり、生野菜や果物の摂取が足りず、ビタミン・食物繊維不足に陥ったりすることが多いので注意しましょう。

特に高齢者は、たんぱく質を大豆で補うようにするなど、しっかりと噛んで飲み込むことができる食材を用意しましょう。

食欲が減退していて、食べ残してしまうようであれば、一回の食事の量を減らして回数を増やす、補食を追加するなど工夫してください。

おすすめのレシピはこちら

栄養補助食品を活用

栄養補助食品とは、食事だけでは1日に必要な栄養素を補うことが難しい場合に、その栄養素を補助することを目的とした食品です。高齢者などの咀嚼能力が弱く、食の細くなりがちな人にとっても栄養補助食品は役立ちます。

栄養補助食品は、不足しがちなビタミンやミネラル、たんぱく質やアミノ酸などが含まれていることが多く、ゼリーやドリンクなど食べやすい形状なのも特徴です。足りない栄養素を簡単に補給することができます。食事だけで栄養が補えない、食欲がわかない場合のサポートに最適です。

こちらもCHECK

栄養補助食品とは?高齢者や子どもにもおすすめの選び方
栄養補助食品とは?高齢者や子どもにもおすすめの選び方

栄養補助食品とは、栄養素の摂取を補助することを目的とした食品です。高齢者や子ども、多忙な働き世代、食欲不振や少食など、さまざま理由で栄養不足になりがちな人の健康をサポートします。

続きを見る

倒れないための最低限の食事とは?

5大栄養素とは?一覧表で働きをわかりやすく解説

年齢・性別に応じたカロリーを摂取することはもちろん、身体をつくる5つの栄養素(五大栄養素)をバランスよく摂取することが大切です。

5つの栄養素とは、身体をつくる「たんぱく質」、身体を動かす「炭水化物」と「脂質」、身体の調子を整える「無機質(ミネラル)」と「ビタミン」のことをいいます。

現代の食事では、不足しがちなたんぱく質、ビタミン、ミネラルは特に意識して摂りましょう。

5大栄養素についてはこちら

栄養補助食品も活用して健やかな毎日を

今日食べたものが明日の自分の身体を作ります。栄養を意識して、食事のバランスを整えましょう。それでも難しい場合は、栄養補助食品をうまく活用して健やかな毎日を過ごしましょう。

参考

(1農林水産省 食事バランスガイド
https://www.maff.go.jp/j/balance_guide/
(2農林水産省 実践食育ナビ
https://bit.ly/38rgQF5

ご紹介

当ブログを運営している万田発酵株式会社の商品「万田酵素」は53種類以上の植物性原材料を、3年3ヵ月以上発酵・熟成させています。5大栄養素を含む食品を中心に幅広い原材料を発酵させた商品です。栄養バランスを整えたいという方や栄養補給をしたい方にぴったりの商品です。

約8日分の無料お試しを注文できるので、ぜひご覧ください。

万田酵素無料お試しモニター

万田発酵公式通販サイト

無料 約8日間の無料お試しモニターセット

人気記事

16時間ファスティングとは?|やり方から効果まで 1

最近注目されている、ファスティング。最近では体調管理や体内のデトックス、腸活を目的に実施する人も増えています。腸活とファスティングの関係とそのやり方・効果を詳しく解説します。

栄養補給には栄養サプリがおすすめ!摂取目安や選び方を紹介 2

栄養サプリメントとは、栄養素の摂取を補助することを目的とした食品です。亜鉛やビタミン、ミネラルなどの日々の食事で不足している栄養素を手軽に摂るのにおすすめです。この記事では、栄養サプリメントの種類や選び方について紹介します。

効果 3

手軽に栄養素を摂れると人気のサプリメント。腸活にもサプリをとり入れてみるのがおすすめです。そこで、このページでは腸活サプリの種類や効果、腸活サプリがおすすめの方、腸活サプリの購入方法などについて解説します。

腸活で便秘解消する4つの方法の画像 4

便秘解消でお悩みの方におすすめの腸活をご紹介します。便秘解消のための水分補給、食事、運動、マッサージ、睡眠など、効果的な腸活方法について詳しく解説します。

【目的別】栄養ドリンクの選び方|疲労回復や風邪・美容におすすめ成分とは 5

栄養ドリンクは「めまい・頭痛」など風邪気味の時や元気を出したい時など、さまざまなシーンで私たちの身体をサポートしてくれます。今回は目的別の栄養ドリンクの選び方や女性に嬉しい健康効果が期待できるオススメの栄養成分について紹介します。

栄養補助食品とは?高齢者や子どもにもおすすめの選び方 6

栄養補助食品とは、栄養素の摂取を補助することを目的とした食品です。高齢者や子ども、多忙な働き世代、食欲不振や少食など、さまざま理由で栄養不足になりがちな人の健康をサポートします。

生活習慣病とは?種類・原因を学んで予防対策!の画像 7

生活習慣病は食事や運動など日々の乱れた生活習慣によって発症します。今回は生活習慣病の種類や原因、予防法について紹介しますので、毎日の習慣を振り返って改善できるところは直していきましょう。

-栄養
-

© 2022 万田発酵 -健康情報ブログ-