健康知識

ファスティングのやり方とは?|16時間・食べ物

最近注目されている、ファスティングをご存じですか。さまざまな効果が期待される身体の整え方の1つとして、やり方や使用する食べ物をご紹介いたします。

ファスティングとは

ファスティングのやり方とは?|16時間・食べ物

ファスティングとは、一定の期間食べ物を断つ行為です。多くは、固形の食べ物を半日~数日間摂取しないことを指します。

 ファスティング(fasting)とは、英語のfastという動詞(断食する、絶食をする)の名詞形で「断食」「絶食」を意味し、古くから宗教的な行為として行われてきました。

最近では体調管理や体内のデトックス、腸活や妊活を目的に実施する人も増えており、身体の整え方の1つとして注目されています。

目的は胃腸などの消化・吸収を行う器官を休めることです。消化・吸収に使うエネルギーを抑え、体の疲労回復などに回すことで、内臓が元気を取り戻すと考えられています。

こちらもCHECK

ファスティングとは?|基礎知識からやり方まで紹介 
ファスティングとは?| 基礎知識からやり方まで紹介

最近注目されている、ファスティングをご存じですか。さまざまな効果が期待される身体の整え方の1つです。ファスティングの基礎からやり方までご紹介いたします。

続きを見る

やり方とは

やり方

ファスティングは固形の食べ物を半日~数日間摂取しません。そのため、一定期間以上のファスティングには、準備期間、断食期間、回復期間があり、すべての期間ごとに正しいやり方があります。ここでは、期間ごとにファスティングの方法を紹介します。

ただし、ファスティングは現在も研究が進められている分野です。体力に自信のない方、体調が良くない方はもちろん、摂食障害をお持ちの方、過去に病歴のある方も行わないようにしてください。

また、服薬中で決まった時間に食事をとる必要のある方も実施をしないようにしてください。女性の場合は、妊娠・生理中なども控えるようにしてください。

16時間ファスティング

一日のうち食事をしてもよい時間を8時間程度以内に設定し、残りの16時間は食事をとらないという、ファスティング方法です。8時間程度以内に、朝食・昼食・夕食の3回の食事時間を決めて、リズムよく食べるようにします。

私たちの身体は、生命維持活動時に足りないたんぱく質などの栄養素を自らの細胞を分解することによって得る機能をもっています。絶食時には、肝臓では生命を維持するためにこうしたオートファジーと呼ばれる機能が活発に働くことが分かっています。このような機能などから着想を得たファスティング方法といわれています。1)

こちらもCHECK

16時間ファスティングとは?|やり方から効果まで
16時間ファスティングとは?|やり方から効果まで

最近注目されている、断食を取り入れた身体の整え方の1つ、ファスティングをご存じですか。中でも人気を集めているのは、3食食べて行う16時間ファスティングです。このページでは、16時間ファスティングのやり方や効果をご紹介いたします。

続きを見る

食事の時間を決める

食事の時間を決める

まずは、一日のうち食事をしてもよい時間を8時間程度以内に設定します。食事時間は自由なので、空腹が辛い時間を睡眠時間に当たるようにすることもできます。

8時間程度以内に、朝食・昼食・夕食の3回の食事時間を決めて、リズムよく食べます。

生活のリズムと合わない場合などは無理をせず、食事をしてもよい時間を12時間に伸ばすなど、取り入れやすい方法を試します。

食事可能時間は自由に選択できますが、時間栄養学の観点では、朝食は身体が目覚めるために重要な存在とされています。また、体内リズムを整える観点からも、3食の時間をそれぞれ設定し、継続することが大切です。(2

筋トレなど運動をする

筋トレをする

食事をとらない時間は、タンパク質をはじめ、身体の維持に必要な栄養素は体内にあるものが使用されます。そのため、筋肉量などが低下しやすくなります。適度な筋トレなど運動に取り組むのがやり方です。

また、老廃物の排出を助けるためにも、腸のぜんどう運動を促す運動を取り入れると効果的です。腸の周囲の筋肉を鍛えるスクワットなどは比較的簡単です。ただし、過度なトレーニングは避けてください。

飲み物を摂取する

飲み物を摂取する

食事をしない時間の水分補給も忘れずに行います。その際、消化・吸収が必要となる市販のスムージーをはじめとした糖分添加のドリンクは控えます。

その他

このほかにも、半日、1日、3日~10日、2週間までさまざまな期間のファスティングのやり方があります。一定期間以上のファスティングには、準備期間、断食期間、回復期間があり、すべての期間ごとにやり方があります。

また、朝食ファスティングや週末や週1回のみのファスティング方法なども存在します。

ファスティング中の食べ物

ファスティング中の食べ物

ファスティング中に摂取する食べ物を紹介します。準備期間、断食期間、回復期間の期間ごとに摂取に適した食べ物は違います。

ただしこの効果は、あくまでも適正なカロリーを守ったバランスの良い食事を決まった時間に食べることを守る必要があります。

味噌汁

断食期間や準備期間に摂取する食べ物として、具なしのみそ汁を使用する方法です。断食期には、体内のたんぱく質が使用されるため、大豆を使用した味噌汁を摂取します。

白味噌や甘味噌など糖質の多いものは避けましょう。赤味噌や豆味噌など、味にコクもあるものを使用すると満腹感も感じやすくなります。

おかゆ

回復期間におかゆを使用する方法です。消化によく、胃腸に負担をかけずに消化吸収できるおかゆを摂取します。

一気に普通食に戻し、食べ過ぎることなく、ゆっくりと胃腸を起動させやすくします。

効果

効果

ファスティングは、胃腸をはじめとした内臓が消化・吸収活動をせず休まることで、老廃物や毒素を排泄する働きが強化されるといわれています。そのため「デトックス効果や腸内環境を整える効果を期待して実施されることが多い」身体の整え方です。

腸内環境が整うことから腸活と同じ効果も期待できるため、腸活の1つとして取り組む人も。共通する効果は、免疫力の向上や肌荒れの改善などが挙げられています。また、睡眠に作用する「セロトニン」などのホルモンの分泌にも良い影響を与えるとされています。

ファスティングで得られるとされる、さまざまな効果をご紹介します。

こちらもCHECK

ファスティングの効果
ファスティングの効果|日数別・やり方別・体重

さまざまな効果が期待される身体の整え方の1つとして、注目のファスティング。世間で紹介されている日数ややり方別に期待される効果をまとめました。

続きを見る

デトックス効果で腸内環境が整う

老廃物や毒素を排泄する働きが強まり、腸内環境が整うといわれています。

ファスティング中、消化吸収に使われていたエネルギーは、体の修復や疲労回復などに回されると考えられています。その一環として、体内に滞っていた便や不要なものを排出する働きが活発になり、腸内環境が整うと考えられます。

また、絶食などによる栄養飢餓状態で起きるオートファジーには、栄養源のリサイクルや細胞内で過剰なもの、有害なものを分解する機能をもっているといわれています。(3

免疫力アップ

腸内には多くの免疫細胞が集まっています。そのため、ファスティングによって腸内環境が整うと、免疫細胞の活性化につながると考えられています。(4

また、腸内環境が整い、善玉菌の働きが活発になると、免疫力向上やアレルギー症状の緩和につながるとされています。

肌荒れの改善

ファスティング中は、ニキビや吹き出物などお肌のトラブルの原因になる有害物質や老廃物を排出する働きが強まるといわれています。

こうしたお肌のトラブルの原因が減ることで、肌荒れの改善につながるとされています。内臓の調子を整えることは、美肌を手に入るためにも重要なことといわれています。

こちらもCHECK

腸活で美肌を手に入れる5つの方法の画像
腸活で美肌を手に入れる5つの方法

腸活と美肌は密接に関係しています。肌荒れ・吹き出物などの肌トラブルは、腸内フローラ(腸内環境)が乱れているせいかもしれません。そこで、美肌を目指すために実践したい5つの腸活方法についてご紹介します。

続きを見る

規則正しくバランスのよい食生活を送る

ファスティングは、内臓を休めることで身体の排出機能の強化などからメリットを得る、身体の整え方の1つです。現在も研究が進められている方法ですので、ご自身の体調と相談の上実施ください。

ファスティングを健やかな毎日を維持するための一助として取り入れてみてください。

 

参考

(1オートファジー-ノーベル賞を受賞した大隅栄誉教授の研究とは
https://www.titech.ac.jp/news/2016/036467
(2食品・栄養成分と生体概日リズムの相互作用に関する研究 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構/食品総合研究所 主任研究員 大池 秀明
https://www.jsbba.or.jp/wp-content/uploads/file/award/2016/award_2016_oike.pdf
(3オートファジー始動装置の構築メカニズムを解明東京工業大学ニュース
https://www.titech.ac.jp/news/2016/035717
(4腸内細菌と健康 厚生労働省e-ヘルスネット
https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/food/e-05-003.html

 

万田発酵公式通販サイト

無料 約8日間の無料お試しモニターセット

人気記事

16時間ファスティングとは?|やり方から効果まで 1

最近注目されている、ファスティング。最近では体調管理や体内のデトックス、腸活を目的に実施する人も増えています。腸活とファスティングの関係とそのやり方・効果を詳しく解説します。

栄養補給には栄養サプリがおすすめ!摂取目安や選び方を紹介 2

栄養サプリメントとは、栄養素の摂取を補助することを目的とした食品です。亜鉛やビタミン、ミネラルなどの日々の食事で不足している栄養素を手軽に摂るのにおすすめです。この記事では、栄養サプリメントの種類や選び方について紹介します。

効果 3

手軽に栄養素を摂れると人気のサプリメント。腸活にもサプリをとり入れてみるのがおすすめです。そこで、このページでは腸活サプリの種類や効果、腸活サプリがおすすめの方、腸活サプリの購入方法などについて解説します。

腸活で便秘解消する4つの方法の画像 4

便秘解消でお悩みの方におすすめの腸活をご紹介します。便秘解消のための水分補給、食事、運動、マッサージ、睡眠など、効果的な腸活方法について詳しく解説します。

【目的別】栄養ドリンクの選び方|疲労回復や風邪・美容におすすめ成分とは 5

栄養ドリンクは「めまい・頭痛」など風邪気味の時や元気を出したい時など、さまざまなシーンで私たちの身体をサポートしてくれます。今回は目的別の栄養ドリンクの選び方や女性に嬉しい健康効果が期待できるオススメの栄養成分について紹介します。

栄養補助食品とは?高齢者や子どもにもおすすめの選び方 6

栄養補助食品とは、栄養素の摂取を補助することを目的とした食品です。高齢者や子ども、多忙な働き世代、食欲不振や少食など、さまざま理由で栄養不足になりがちな人の健康をサポートします。

生活習慣病とは?種類・原因を学んで予防対策!の画像 7

生活習慣病は食事や運動など日々の乱れた生活習慣によって発症します。今回は生活習慣病の種類や原因、予防法について紹介しますので、毎日の習慣を振り返って改善できるところは直していきましょう。

-健康知識
-, ,

© 2022 万田発酵 -健康情報ブログ-